金利についてはどっちも15%と仮定し計算します

借り入れなどの引き落し内容は会社それぞれで相当差異があり、多様なメソッドがとられています。

基本的には残高スライド法やリボ払法などが導入されているようです。

こうした誰もが知っているリボルディング払いでも本当のことを言うと算定方式にはいろんな様式があったりします。

それゆえさような方式に応じて引き落し額が異なってしまうのですから、把握しておいて負担はないと思います。

ではやさしくそれぞれの形式のずれについて説明していきましょう。

一つは元金均等払い、もう一つは元利均等払いというものです。

これらは読んで字のごとく、元本について均一にして払っていくというのと、元金と利率について合わせて均分に返済していくという形式になります。

この場では10万円をカードキャッシングしたと仮定して実際問題としていかような計算をするかやってみます。

金利についてはどっちも15%と仮定し計算します。

またリボ払などの返済額を1万円として計算します。

先ずは元金均等払いからです。

こうした折の初回の支払に関しては1万円に利息分の1250円を計上した返済額となります。

その次の返済に関しては1万円に利息の1125円を足した額へとなります。

かくて全部で10回にて引き落しを終了させると言う形式です。

一方元利均等払いははじめの支払については1万円で元本へ8750円利息へ1250円という具合で分配するのです。

次の支払いについては元金が8750円へと減少した状態で利子を勘定してその1万円からまた分配するのです。

いわば元利均等払いのケースでは10回で引き落しが終わらないといった算定になってしまうのです。

こればかりの相違で両方がいかに相違してるのかがご理解頂けたことでしょう。

元利均等というものは元金均等と比べ、明白に元本が減るのが遅延しているというような欠点があったりします。

即ち利率といったものを多く出すといったことになるわけです。

他方初回の支払いが少なくて落ち着くというようなメリットというものも存在するのです。

かような支払手法に関してのギャップに連動して引き落しトータルというのは異なってきますのでご自身の好みに合う計画をするようにしていきましょう。

Link

Copyright © 1996 www.moniteur-canyoning.com All Rights Reserved.